更年期障害というと、中高年の女性に多いイメージがありますよね? 確かに、四十代〜50代くらいの女性が発症する確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)が高いですが、だからといって若い人がならないとは限りません。 最近では、若い人でも更年期障害になることが多くなっています。 そして、20台や30代といった若い世代の方がなる更年期障害のことを若年性更年期障害と呼びます。 若年性更年期障害の症状は通常の更年期障害とほとんど変わりませんし、ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)が乱れることで発症するのです。 では、どうして若い人でも更年期障害になってしまうためしょうか? その理由は、以下の通りです。 ・乱れた生活習慣 ・ストレス ・激しい運動 ・喫煙 乱れた生活習慣をしていたら女性ホルモンが減少してしまい、若年性更年期障害になる可能性が高いでしょう。 また、ストレスを溜めるというのも女性ホルモンの分泌を悪くしますので、若年性更年期障害の原因の1つです。 軽い運動をするのは更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害の予防にも有効なのですが、ハードな運動はホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)を乱す原因になってしまうみたいです。 それに、喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)は血液の流れを悪くし、女性ホルモン(分泌量が不足しているのであれね、サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)の分泌量を低下させる恐れがあるのですー